-プロローグ12-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「クリスタルの意味・・・?」
「そうだ。俺にはそのクリスタルがどうしても必要だった。
しかし、お前たちが意味も知らずにそれを持っていたのなら、
それはやはり宿命だったのだ。」
「言っていることがよくわかりませんが・・・?」
「いずれ分かる・・・。」
「つまり、クリスタルさえあれば、あんたが助かる。
だからよこせ、って言いたいんだろ。」
「いや、それはお前たちが持っていけ・・・。
それは、お前たちのところにあるべきなのだ。」
突然ガーランドの呼吸が、弱まり始めた。
「まさか、もう・・・!」
「お、俺たちのクリスタルを使ってくれ!」
青の少年が駆け寄った。
「お前たちは知らなければならない。クリスタルの意味を・・・。
何者にも教えてもらうことなく、自分たちの手で・・・。
お前たちの旅は・・・終わらない・・・。さあ行け・・・。
俺は一人で最期を迎えたいんだ・・・。さあ・・・早く・・・!」

4人はセーラを連れて駆け出していた・・・。
「・・・本当に、置いていっちゃうの?」
「・・・本当なら、あの場で斬り殺して欲しかったぐらいだったと思うぜ、
あいつ。戦士ってのはそういうもんだ・・・。」
「しかし、彼の言動は不可解だったわ・・・。
王女様をなぜ連れ出したのかもわからないし・・・。」
「謎だらけだな。お姫様が目を覚ましたら聞かせてもらおう。」

その時、神殿で異変が起きていたとは、誰も知る由がなかった。
「・・・コウモリの呼ぶ声がした。」
「まさかぁ。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。