三節 Two of us9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そこにいるのは・・、ローザか!?」
「・・・シド?」
 新たに向かいの独房に押し込まれてきた囚人、それは飛空艇整備隊の長であり、
彼女やセシルの友人でもあるシド=ポレンディーナであった。
「あなたまで・・」
「王がダムシアンを攻めるなどと戯言をほざいておるから、寝ぼけるなと言ったとたん
このざまじゃ。何を考えとるのじゃ陛下は・・」
「ダムシアン・・また、人が死ぬのね」
「しかし・・なんてざまじゃ、ローザ」
「・・・」
「あのクソッタレの王め! 監禁されておるとは聞いていたが、まさかこんな所に!!」
 やつれきったローザの姿に憤慨するシドを見て、彼女は骨張った頬を緩ませ、力なく
笑った。
「もう・・・いいのよ」
「・・なんじゃと?」
「どうでもいいのよ・・」
「ローザ・・! どうしたんじゃ、しっかりせんか! お前らしくもない!」
 シドの言葉に、うふふ、とローザは虚ろな笑みを浮かべた。
「私らしくない・・? それって、セシルといた頃の私のこと?」
「ローザ・・」
「それは無理よ・・だって、あの人は死んでしまったんですもの」
「ローザッ! 馬鹿なことを言うな! あんな噂を信じとるのか!?」
「そうよ、あなただって聞いたでしょ? 討伐隊が、彼の遺体を見つけて・・」
「いい加減にせんか! そんなもの何の証拠がある、馬鹿馬鹿しいッ!」
「違うわ、死んだのよ・・セシルは死んだのよっ!! もう二度と会えないのよ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。