三節 Two of us10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ローザは耳を塞ぎながら、狂おしく声を上げた。
「もう二度と、私の名前を呼んではくれない、笑いかけてもくれない、抱きしめても・・
全部、もうぜんぶ終わってしまったのよ! どうなったって構わないのよっ!!」
 ローザはうつむき、ポロポロと涙を流した。まだ自分には、これだけの水が残って
いたのか。そんな風に思うほど、とめどない悲しみが溢れていた。
 構わない、と彼女は言った。そう、どっちでも構わなかったのだ。
 決して噂を信じたわけではない。だが彼女にとって、たとえセシルがバロンに弓を
ひこうとも、本当は構わなかったのだ。彼がそうするというのなら、それがどんな道でも
歩んでいける。彼が何をなそうとも、自分はそれを信じて支えさえすれば良い。
 彼女に必要なのは、セシルのそばにいる、たったそれだけのことだったのだ。

 そして、それが全てだった。だからこそ、彼女にはもはや生きる意味などなかった。


 急にギ、ギ・・とけたたましい音が牢獄に響きだした。
 顔を上げると、なんとシドが万力を込めて独房の格子をひん曲げようとしていた。
やがて、錆び付いていた鉄棒は折れてしまい、ずかずかと牢から這い出てきたシドは
そのままローザの独房の格子につかみかかった。
「シド・・・やめて・・」
「・・・」
「お願いだから、シド・・」
 ローザの懇願など端から無視して、シドは憤怒の形相で格子をへし折り、ローザに歩み
よってきた。彼女が口を開こうとした瞬間、
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。