三節 Two of us11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この馬鹿者がッ!!」
 バシッ、と乾いた音を立てて頬を払った。衰弱した彼女の身体が、そのまま倒れ込む。
ローザは目を丸くしていた。痛みよりもむしろ、驚きの方が大きかった。幼い頃から
父親のように接してくれたシドだが、叩かれたのはこれが初めてであった。まだ呆として
いるローザの肩をつかみ、シドは分厚いゴーグルを外して語りかけた。その目は、彼が
見せたこともないような悲哀に染まっていた。
「ローザよ・・いつからそんな弱い女になったんじゃ」
「・・・」
「お前さんは強い女のはずじゃ。そして、セシルのことも一番よく知っとるだろう?
そのお前さんが、どうしてあやつがそんな真似をするなど言うんじゃ。どうして、
あやつが死ぬなどと・・軽々しく口にするんじゃ。なぜ、あやつが生きてると信じない?
 なぁ、ローザよ。あやつがそんな簡単に・・お前を置いて逝ってしまうような人間か? 
セシルはそんな男ではないだろう? そう言ってくれ・・」
 豪壮な髭にかくれたシドの口は、小刻みに震えていた。
 苦しんでいるのはローザだけではなかった。この剛胆の塊のような男ですら、少しずつ
植え込まれるセシルへの疑心にひそかに苦しんでいたのだ。そんなシドにしてみれば、
セシルの誹謗をローザの口からだけは聞かされたくなかった。それはあまりに重い意味を
持ち、彼には堪え難いことだったのだ。
 彼女にも、肩を握る手の震えから、シドの心がひしと伝わっていた。けれど、
「シド・・ごめんなさい。・・・でも、もうだめなの。私はもう・・」
 もう、這い上がれない。あまりに深いところまで落ちていってしまったから。
 このまま、穴の底でゆっくりと息絶えていくだけなのだ。


「セシルに会いたくはないのか?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。