三節 Two of us12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 どくん、と胸の奥が震えた。

「・・いいかローザ。お前さんのそんな有様を見て一番悲しむのは、わしでもなければ
お前さん自身でもないんじゃぞ」
「・・・」
「赤い翼の・・わしらのセシルが惚れた女は、こんなくだらない人間か?」
「・・セシル・・・・」
「立ち上がるんじゃ。お前さんを失って、セシルがどんな顔をすると思う。
 あやつを慰める役目なんぞ、わしはまっぴらごめんじゃぞ!!」
 ぐい、とシドがローザの身体を引き上げる。幽閉され、いっそう細身のかかった肢体は
急な反動にふらついたが、その瞳にはいまや毅然とした輝きが宿っていた。
 シドは満足げにニヤリと笑った。
「信じるんじゃローザ。ここにいてはいかん。信じてセシルを追え!」
「えぇ・・そうね、シド。私たちのセシルを信じるわ!」
「素直に" 私の "と言わんかい」
「もうっ!!」
 ローザは顔を赤くして、大口を開けて笑うシドの背中を叩いた。
 まったくこの人は、こんな時まで・・。

 なんて・・心強いのだろう。

「ありがとう・・シド」
「そういう顔はセシルにとっとけい」
 照れ隠しのように目を背けるシド。ローザは窓から月を望んだ。
 うずくまっていた頃よりも、その月はずっと身近に見えていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。