三節 Two of us14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「シド・・」
「それに、わしがいなくなれば助手どもの命も危ない。
 ・・なにより、娘を残しては、行けん」
 目を細めるシドに、ローザは恨めしそうな声を出した。
「・・もう一人の娘の力には、なってくれないの?」
 うなだれる彼女の頭に、ごつごつした油臭い父の手が置かれる。
「ローザ、この国は腐りきっとる。古くなった船と同じじゃ。そこら中にガタがきて、
いまにも沈んでしまいそうな有様じゃ。しかも、薄汚いウジ虫どもまでたかっとる。
正しい歯車が残らないといかんのだ。わしは見守らねばならん。それがわしのつとめ
なんじゃよ。わかるな?」

 静かな沈黙が流れた。ローザは顔を上げると、小さく微笑んだ。
「・・わかったわ、シド」
 二人は見つめ合い、親子の抱擁を交わした。あたたかい、人間の温もりが感じられた。
 やがて彼らの耳に、二人を引き裂く無慈悲な追っ手の声が届きだしていた。
「きっと帰ってくるわ、セシルと一緒に」
「カインのやつもな」
 そっと身を離し、ほんの刹那の躊躇の後、ローザは堀に飛び降りた。それ以上、シドの
顔を見ていられなかった。シドは懐から木槌をとりだし、高らかに笑い声を上げた。
「おう、ヒヨッコども! 脱走者ならここじゃーー!! 
 遊んでやるから片っ端からかかってこいや!!」

 堀を抜けて、ようやくバロン城の外に出る。
 背後からは暴れ回る楽しげなシドの声と、衛兵達の怒号が聞こえていた。
 ローザは、すっと涙を流した。それでも決して振り返らず、彼女は走り続けた。
 別れではない、必ずまた戻ってくるのだから。
 そう言い聞かせて、彼女は流れる涙を拭おうともせず、祖国をあとにした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。