三節 Two of us39


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気がつくと、セシルはすっかり汗ばんでいた。予想以上に彼とデスブリンガーの相性は良く、握った柄の感触に、初めて手に取った時のよそよそしさはない。
禍々しさは、けして薄れてはいないのに──
背筋にうそ寒いものを覚え、セシルはもう一度素振りをやり直した。基本の型を一通りなぞり、今度こそ鞘に収める。
彼が一息つくのを待って、背後で見守っていたヤンが声をかけた。
「お見事。
 しかし、もう休まれたほうが良い」
「……そうですね」
セシルはうなずいた。だが、本当はまだ眠れそうもない。鎮まらぬ胸のうちを見透かしたように、ヤンが問う。
「陛下の言葉を気になさっておいでか?」
「え?」
「見当違いならば申し訳ない。
 先程の太刀筋、些か鋭さを欠いているように見えたのでな」
打ち明けるべきか、セシルが答えを出す前に、重い溜息をヤンは吐き出した。
「どのような性質のものであれ、力を得たからにはそれに応じた対価があろう。
 私は剣術に疎い。セシル殿が、なにゆえ暗黒騎士の道を選んだかも存じ上げぬ。しかしその技量、己を闇に差し出すだけで、手に入るものでないことはわかる。
 どれほどの努力を払ってこられたか……武の道を志す者として、それだけは理解しているつもりだ」
いつになく多弁なモンク僧の言葉に、セシルは以前彼らについて聞いた話を思い出した。
己を鍛え高めることを善しとするファブールでは、日々の研鑚を何よりも尊ぶのだと。闇に根ざした力でさえも、修練の上に成り立つならば、賞賛はされずとも敬意の対象にはなるのだと──
空恐ろしいほどの闇を抱く剣が今日まで伝わったのも、そうした風土が関係しているのかもしれない。
”所詮は闇の力”、”真の悪には通用しない”、それらが動かしがたい事実であろうと、結果的にセシルが歩んできた道を否定してしまうことを、心苦しく思ったのだろう。
「その、差し出がましいというのは承知しているが……」
「ありがとう。ヤン。
 陛下にも……いずれ、直接お礼を申し上げるよ」
セシルには、そこまで徹底した信念はない。あるいは、それさえも見越した上で、ファブール王は彼に助言をくれたのだろう。
いつか活かせる時が来るまで、忘れずにいることをセシルは誓った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。