FINAL FANTASY IV プロローグ4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さぁ、もう出てください。」
残った近衛兵達がセシルとカインの前に立つ。
その表情には二人に対する哀れみの感情などはなく、淡々としたものだった。

突然、奥の扉が開く。
出てきたのは近衛兵人のリーダー、ベイガンである。
「セシル、カイン。陛下がお前たちに幻獣討伐の命を下された。
明朝、ミストの村までこの「ボムの指輪」を運ぶんだ。わかったな。」
ベイガンは薄い布で来るんだ指輪をセシルに渡すと、早々と奥の部屋へと戻っていった。

二人は謁見の間を出た。
「ベイガンめ。また陛下に媚を売っているのか。気に入らん。」
カインが悪態をつく。
「すまない。カイン、お前まで・・・。」
肩を落とすセシル。

「いいさ。俺は後悔はしていない。
それに幻獣討伐の任を果たせば、きっと陛下もお許しになる。また、赤い翼に戻ることが出来るさ。」
セシルを見て、カインが首を横に振った。
「気にするな。明日の準備は俺に任せて、今夜はゆっくり休め。」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。