FF9 アレクサンドリア城下町にて#4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さあっ、あともう少しだ、がんばれ!」ネズミの子が叫んだ。
トンガリ帽子の男の子が、屋根と屋根の間に出来た橋を渡っている。
まだ足がガクガク震えているが、確実に橋の向こう側へと進んでいた。
そして、ついに反対側にたどり着いた。「へへっ、やったな、はい!」
「う…、は、はいっ」トンガリ帽子の男の子はいつもの口調で「うん」と
言いかけたが、すぐに「はい」と言い直した。
「ところでオマエ、本当に名前が“はい”なんてオチじゃないだろうな?」
ネズミの子がそう尋ねると、そのトンガリ帽子の男の子は自分の名前を言った。
「ぼくの名前は…ビビ。」「ビビか…。変わった名前だな。」
ネズミの子は、さらに続けた。
「なあビビ、オレが“はい”しか言うなっていったって“はい”さえ
言ってりゃいいと思ってたら大間違いだぞ。」
「え……。」ビビは、首をかしげた。
「はいはい言うだけなら、“肺”と変わんねえんだよ。だけど
オマエは人間だろ?オレは“肺”の子分なんか欲しくねえんだ。わかる?」
ネズミの子はそう言いながら、素早く橋を渡っていった。
「おらっ、さっさと渡って来い!」ネズミの子は、ビビを急かした。
「う、うん…。」ビビはそう言うとさっきと同じように、「はいはい」で
橋を渡り始めた。「あっ。」橋を渡りながら、思い出したようにビビは尋ねた。
「君の名前はなんて言うの?」聞かれたネズミの子は、こう答えた。
「おう、オレはパックって言うんだ。よろしくな!」
ビビも、さっきよりずいぶん速く橋をわたることが出来た。
「やったな、ビビ!」パックはそう言うと、ビビと
「ハイタッチ」を交わした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。