FF9 アレクサンドリア城の人々#1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おやぶ~~ん、待ってクポ~」二人がアレクサンドリア城の外壁に
たどり着いたとき、後ろからパックを呼ぶ声が聞こえた。
パックを「親分」と呼ぶモーグリといえば、クポしかいない。
「クポじゃねえか、どうしたんだ!?」パックは驚きながら聞くと
「僕もお芝居を見に来たクポ!」クポはさも当然であるかのように答えた。
「そういえばお前たちモーグリは空を飛べるんだったっけ…。
なんだかずるい感じだなあ…まあいいか。」パックはそう言うと、
外壁をヒョイと乗り越えていった。乗り越えた先は、
アレクサンドリア城内部に位置する劇場の観客席の最後尾だ。
ビビとクポもすぐパックに続いた。
もちろん観客席は満員で立ち見客も続出しているが、何とか
小さな二人でも舞台を覗ける場所を見つけた。席と席の小さな隙間だ。
隙間から見える舞台を覗き込みながらパックは小さな声で言った。
「どれどれ…おっ、もうすぐ始まるぞ。開演の合図のパレードだ!」
それは賑やかな音楽と色鮮やかな花火で彩られた、これから始まる
演劇への期待をあおるには十分なパレードだった。
パックはまた小さな声で言った。「おっ、王族の席はスタイナーが
守ってるぞ。アイツ面白いんだぜ。」アデルバート=スタイナーは
古くからアレクサンドリアを守ってきたとされる騎士団「プルート隊」の
現在の隊長であり、このアレクサンドリアの(ある意味)名物でもある。
パックが言っていたとおり、非常にからかい甲斐があるからだ。
普段はプルート隊隊長としてのプライドがそうさせるのか、ふんぞり返って
偉そうにしているが、少しでもバカにするようなことをすると
見事なほどにその態度が崩れる。
それをよく表す例として、こんな話があった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。