FF9 アレクサンドリア城の人々#3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アレクサンドリアを守るとされているプルート隊の隊長がそんな調子でも
アレクサンドリアは今まで無事だった。
要するに、大きな戦乱がなく、平和そのものだったのだ。
ところが、最近は様子がおかしい。
パックはまたまた小さな声でささやいた。
「それにしても不思議だよな。どうやってあんなのからあんな綺麗な
王女が生まれるんだろう」
パックが言ったのは、ブラネ女王のことだ。確かに、出っ張った腹と
でかい顔はガーネット姫のそれとは似ても似つかない。それでも昔は
それも愛嬌のある容姿だとアレクサンドリア民に愛されていた。
しかし、今では妙に悪い顔色、醜くゆがんだ顔面、おまけに
頭の足りないオバチャンなどにありがちな趣味の悪い服装からは
何となく邪悪なオーラさえ醸し出している勢いだった。
さっき最近様子がおかしいと言ったのは、このブラネ女王を巡る
様々なウワサのことだ。このブラネ女王があらゆる国に攻め込もうと
してるんじゃないかとか、ブラネ女王がおかしくなったのは
変な男がたぶらかしたせいじゃないかとか、ブラネ女王の容姿を
例えるなら象が一番ふさわしいんじゃないかとか、いやむしろ
ブタの方がピッタリじゃないかとか、本当に様々なウワサが
飛び交っているのだった。しかし今夜ばかりはそのブラネも
演劇の始まりを告げるパレードに夢中になっていた。
その隣で、憂鬱そうな表情を浮かべる自分の娘には目もくれずに……。
パレードの最後、特別大きな花火が上がったときブラネは
「おおっ、すげえ」およそ女王のそれとは思えない言葉でその感動を表した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。