FF9 君の小鳥になりたいの#2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台の暗転が終わると、舞台右端からジタン、ブランク、シナが現れた。
彼らはコーネリア姫の恋人、マーカスの友でレア王に恨みを持つものが
集まった、言わば同志の役柄だ。まずはブランク、
「父を殺され!母を殺され!そして恋人と引き離されたマーカスよ!」
と先陣を切った。一流の役者と比べると多少見劣りはするものの、
持ち前の熱さとノリでなかなか様になっている。続いてシナ、
「おお、斯くも不仕合わせなマーカスよ!これからお前は何を希望に
生きてゆけば、よいのだ!」普段の口癖を封印しているためか、
ちょっとぎこちない。そして二人を率いるようにジタン、
「こうなれば我が友のため!憎きレア王の胸に烈火の剣を突き刺して
やろうではないか!」もともと要領がよく、なんでもこなすジタンは
三人の中では抜群に上手かった。そして最後に全員で「オォーッ!!」と
掛け声を上げながら、マーカス、レア王の待つ舞台中央へと駆けていった。
一方、舞台中央ではマーカスが「憎きレア王、俺から全てを奪ったレア王!
貴様がそれを償えないと言うのならば、例え明日処刑されようとも俺は今日、
貴様の命を奪う!!」と、熱のこもった演技を見せていた。
マーカスといえば、舞台に立つために生まれたような男である。
普段は大人しく控えめな態度を取っているが、一度舞台に立つと
その態度がガラリと変わり、その存在感が強烈な炎のように煌々と輝く。
後にマーカスはこう語る。「俺はタンタラスで舞台に立つ前、ずっと自分の
居場所を探してたんです。しかし、舞台に立った瞬間、確信しました。“ああ、
俺の居場所は、ここにあったんだ”ってね。だから、俺の原点は
タンタラスなんです。」ちょっと生意気であった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。