第1章 SeeD-41


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼルは一気にラッシュをかけた。
ジャンプ一番、一挙動で間合いを詰めると、強烈な左右の四連打を繰り出した。
「甘いな」
ウェッジは動じることなく、ファイティングポーズもたらぬまま、ゼルの四連打を全てかわした。
「まだまだっ!」
ゼルは手を休めず、更なるラッシュをかけた。
ローキックからの連打、裏拳から廻し蹴り、連打からの正面蹴り、そして踵落し・・・
ゼルが得意とする、流麗かつ力強い連撃の数々。息つく暇も与えぬとはこの事だ。
しかし、その全てをウェッジはかわしている。相変わらずファイティングポーズもとらずにだ。
「その若さにしては中々。だがまだ甘い」
「へん、かわすのが精一杯のくせして、よく言うぜ」
余裕の態を見せるウェッジに対し、ゼルが負けじと言い返す。
しかし、それが虚勢なのは明らかだ。
徒手格闘において、ゼルに並ぶ者など、ガーデンには存在しない。
そのゼルのラッシュを全てかわしてしまうとは・・・ゼルも内心驚愕の思いだろう。
「ならば見せてやろう。力の差を」
ウェッジが初めてファイティングポーズをとった。
「しゃらくせぇ!」
ゼルがムキになって仕掛けていく。
ガガガガッ!
拳と拳のぶつかり合う音が立て続けに4回、周囲に響き渡った。
ゼルの繰り出した左右の四連打に合わせて、ウェッジもまた四連打を放ち、その拳で全てを正確に受け止め、はじき返していたのだ。
「これが力の差だ」
ウェッジは落ち着き払った声で言った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。