第1章 SeeD-25


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺たちを乗せた車は、間もなくバラムシティに到着した。
バラムシティ。バラム島南岸にある港町。
優美な曲線で構成された家々、青と白で統一された街並み、眼前に広がる海。
全てが見事に調和した美しい風景に憧れ、近隣から訪れる観光客は後を絶たない。
しかしそんな景観を楽しむ余裕もなく、俺たちは港への道を急いだ。

「あっ、ゼル兄ちゃん!」
「よう、ゼルじゃねぇか、おめかししてどこいくんだ?」
「また何かやらかしたのかい、ゼル」
ゼルの姿を目にした町の人々が、次々に話しかけてきた。
彼等とすれ違うたびに、ゼルは手を挙げて応じている。
「そういえば、ゼルはこの街の生まれだったわね」
「おう、そうだぜ」
「いい街だ。チキン野郎にゃもったいねぇ」
「うるせぇよ!」

やがて俺たちは港にたどり着いた。すでに高速上陸艇はスタンバイしている。
「おそいぞB班、駆け足!」
俺たちの到着に気づいた試験官が、大声を張り上げた。
叱声背中を押されるようにして、俺たちは急いで上陸艇に乗り込んだ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。