第1章 SeeD-36


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やかましいっ!」
サイファーは一気に間合いを詰めて、俊敏な突きを放った。
「甘い」
その突きを長剣で難なくさばくビッグス。
「どうかな?」
サイファーがうそぶく。
さばかれた筈のサイファーのガンブレードが、再びビッグスの喉元に襲い掛かる。
「ぬぅ!」
首をひねって、かろうじて突きをかわすビッグス。
そこへ間髪入れずに、サイファーの新たな突きが飛んでくる。
「なんとっ!」
サイファー得意の三段突き。ガーデンでの戦闘訓練では、俺も随分苦戦した。
勝負あったな・・・そう思ったのは、俺の早計だった。
三段目の突きが襲い掛かる直前、ビッグスは上体を反らし、そのまま後方へ
とんぼ返りを打って、難を逃れていた。
「三段突きとは・・・その若さで、よくやる」
充分な間合いをとった上で、感嘆を発するビッグス。
「フン、お前もな。こいつをかわせる奴ぁ、ガーデンにも滅多にいねぇのによ」
必殺の三段突きをかわされたというのに、サイファーはどこか嬉しげだ。
「どうやら互いに相手をなめていたようだな」
ビッグスが言った。こちらも嬉しそうな笑みを浮かべている。
「では、本気で行かせてもらう」
そう言って、ビッグスは下段に構えた。いや、これは、下段ではない。
構えは青眼つまり中段のままに、前後のスタンスを極端なまでに広くとり、
上体を大きく前傾させているのだ。
これは・・・地擂り青眼!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。