FF5 3 隕石が導く出逢い2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狭く、木々に囲まれた細い道を抜けるとようやく辺りが開けてきた。
バッツの視界に隕石が入ろうとしたその時、それより先に野蛮で、バッツにとっては顔なじみであるモンスター2匹が目に入った。
「あーあー、こんな事態だからゴブリンまで寄り付いてきちまったのかよ・・・」
ちょっとうんざりしながらブロードソードに手をかけたその時、
ゴブリン2匹がなんと気絶した女性を乱暴に掴んでいるを見つけた。

「(まずいっ!)」
「待てっ!このっ!」

『ズシャッ!』

バッツはその声より先に2匹のゴブリンを斬り付けた。
ゴブリン達はその一瞬の出来事に何が起きたかわかっていない。
「ギエエエェェッ!」
「ギャアアァァァッ!」
2匹のゴブリンはそれぞれ悲鳴を上げその場に蹲る。初めて何が起こったのか理解をしたようだ。
さっきまでののんびりとした少年の目は、戦う青年の精悍な目に変わっていた。
この剣術は彼の父、ドルガン仕込みのものだ。
ドルガンは彼が幼い頃、悪人やモンスターをやっつけて、世界を旅していた為、とても強かった。
いつの間にか彼はその父を誇りにおもい、目標にし、いつかは父を越えたいと想っていた。


しかし、3年前、ドルガンは病気でこの世を去った。
結局剣術で父を越えられないまま先立たれてしまい、彼の心は今でもその事が引っ掛かっている。
そしてドルガンは彼に遺言を残していた。

「世界を旅してまわれ」と・・・

以来、彼は相棒のチョコボ、通称『ボコ』と共に旅をしている。
彼は父が具体的に何をやっていたのかは知らないままだ。

ゴブリン達は痛みをこらえながら立ち上がり、バッツを睨みつける。
しかしもう余力は残ってない。
「ほら、もういいだろ、そんなカワイイ娘を持ってくのなんてやめて、さっさと帰りな」
バッツはゴブリンにそう話し掛ける。
ゴブリン達はあきらめたのか、森の奥へ消えていった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。