FF5 7 あてのない旅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バッツはボコの所へ『やっと』辿り着こうとしていた。
この『やっと』と言うのは反対側へ行ってしまった分、余計な労力を使ってしまったからだ。
ただでさえ足場が悪い道だ。たいした距離じゃなくても足は疲労し、それが全身へ伝わってゆく。
いつものように森で休んでいたら、近くに大きな隕石が落ちてきたと言う非日常。
ゴブリンと戦い、レナと言う父親が行方不明の女の子を助け、さらにガラフと言う記憶喪失の老人まで助けた。
そしてその2人は『風の神殿』へ向かうべく旅立った。
それぞれの事情を胸にして。
隕石が落ちてから今に至るまで時間にして2、3時間と言った所だろうか。
しかしバッツは『もうこれで今日は終わるのではないか?』と言うほどの今までに無い変な疲労感を覚えている。

徐々に入り口が近づく。辺りもだんだん広くなり、足場も良くなる。
遠くの方で『相棒』のバッツを見つけたボコが嬉しそうに鳴いているのが聞こえた。
ボコとバッツは『飼い主』と『ご主人様』ではなく、『相棒』と言う対等で固い信頼関係がある。
このボコと言うチョコボはバッツが一人旅を始めたばかりの頃、
ぽつんと1羽でたたずんでいる所を見つけられたのだ。
何故1羽で居たのかはバッツも知らない。群れから逸れたのだろうか。
そして、1羽で居る所がなんとなく自分の境遇と重なったのだろう。
以来、ずっと離れる事は無い唯一のバッツの良き『相棒』である。
ボコもあの時、独りのバッツと自分の境遇を重ねていたのかもしれない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。