FF5 62 飛竜13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一見して熊と見間違うかと思うような体躯を唸らせて歩き、男はマギサと並んだ。
「この人はアタシの旦那のフォルツァ。頭は悪いけど見ての通りの巨体さね」
三人はごくりと唾を飲み、再び戦闘態勢をとった。
フォルツァがそれを見てぐっと腰を落とした。
「やっちまいな!!」
「おおおおおお!!」
マギサの号令に合わせてフォルツァが、その巨体に見合わぬ速度で三人に迫った。
その勢いのまま丸太のような腕をバッツめがけて振り下ろした。
バッツはそれを横っ飛びに反転しながらかわす。フォルツァの拳はそのまま地面に
突き刺さった。
それを素早く一気に引き抜き、巨体を反転させながら背後に回ったガラフとファリス
を蹴り飛ばした。
「がっ!」
「ぬぅ!!」
二人の体は吹き飛ばされ、浮遊感に包まれる。そして落下・・
地面に叩きつけられた二人は素早く身を起こし、フォルツァに向き直る。
「よけろーー!!」
バッツの咆哮に、二人は咄嗟にその場を飛びのいた。次の瞬間、二人の居た場所が
激しく燃え上がる。
マギサの放った魔法だった。
「ちっ、ちょこまかと!」
バッツは剣を構えなおし、思う。
(──強い!今まで闘ったどんな敵よりも)
「はあああああ!!」
フォルツァが地を蹴り、バッツに突進する。作戦を考える暇も与える気はないらしい。
そのバッツの視線の左端で、レナが青ざめた顔のまま立ち上がった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。