一節 航海5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おう、アンタがセシルか。活躍はきーてるぜ!
 なーに、昼寝でもしてゆっくり構えててくれ。バロンなんざすぐついちまわあ!」
「ありがとう」
 気性の荒そうな船長に挨拶を済ませると、橋が外され、とうとう船は出港した。
それでも人々は名残惜しそおうに波止場に残り、旅立つ彼らに向かって声を送り続けていた。
やがてその声も届かなくなった頃、陸を望むセシルを不意にリディアがつついた。

「セシル」
「うん?」
「あの、ミストのことだって・・もう気にしなくたっていいのよ?」

 少しだけ心配そうな顔で見上げるリディア。
 セシルは黙ったまましばらく彼女を見つめていたが、やがて顔を包み込む兜を脱いで
柔らかい微笑を見せると、そっと無言で彼女の肩に手を添えた。

 最後にもう一度、セシルたちは陸を離れてゆく船の上から城を見た。目を凝らすと、城壁の
あちらこちらに、修繕に駆け回る人々の姿が見えた。
 遠ざかるファブール城は、瓦礫の山。けれど、その姿は毅然として彼らの目に映った。
 そして彼らは、ファブールの土に別れを告げた。


 セシルは小さく身震いした。思い返すだけで、身が引き締められるようだった。
 そしてすぐに息をつく。静まるんだ、気を鎮めなくては、そう自身に呼びかける。自分は今、
大きな目的のためにバロンに向かっているのだ。いまは使命感に奮い立つ時ではない。いずれ、
いやでも戦いに身を置くのだから。今だけは心を落ち着けて、それに備えなければならない。
だが、土台無理そうな話であった。半刻ほど前からずっと穏やかな波に身を任せていたのに、
やはり迷いを解き放たれた心は熱を帯びて武者震いしていた。多くの人々に力づけられてきた。
自分が傷つけてしまった、小さなリディアにまで。セシルは彼らに報いたかったのだ。剣を
取って鍛錬を行おうとしなかったのが、彼には精一杯の自制であった。
 気を取り直して、セシルはギルバートに向き直った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。