一節 航海7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ひとりきりになった船室の中で、セシルは眉をひそめる。
(どうしたんだろう?)
 今朝から感じていたことだが、ギルバートがどこか自分を避けているように見えるのだ。
 別に機嫌が悪いといった様子ではなく、自分にしても特に心当たりなど見当たらないのに。

 セシルが首を傾げていると、俄に頬をふくらせて不機嫌な様子のリディアが帰ってきた。
「どうしたんだ、リディア」
「どうもこうもないわよ、ギルバートったら! そこで今ギルバートとすれ違ったの。だから
この間約束してたポーションの作り方を教えてくれっていったら、急に逃げていっちゃうんだもん」
(・・リディアも?)
 内心で疑問を深めながら、セシルは軽く笑った。
「そうなんだ。嘘つきだな、ギルバートは」
「うん、勝手なの! 
 ・・でもギルバート、なんだか変。昨日だって、セシル達と別れた途端、急に疲れたって
言って部屋に帰っちゃったのよ。それも、一緒に来ないでくれなんて言うの。どうしたのかな」
 不安そうになるリディアをなだめていると、扉を開けてヤンが戻ってきた。
「やあ・・おや、ギルバート殿は?」
「そこで会わなかったか? ブリッジにいくと言っていたんだが」
「いや、私もブリッジから戻ってきたのだが・・」
 ヤンは眉をひそめたが、すぐに顔を緩めて椅子にもたれこんだ。だいぶ疲れているらしい。
額に浮かんでいる汗が疲労を物語っている。
「ところで」
 息を整えてから、ヤンは椅子にもたれたままセシルを見た。
「バロンに着いてからのことなのだが・・」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。