一節 航海13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ギャアアアアァアア!!」

 再び空気を切り裂くような叫び声があがる。セシルの剣は、海神の一撃を寸分違わず
捉えていた。暗黒波の反動で二人とも後ろに吹き飛ばされ、続けて彼がえぐり落とした
リヴァイアサンの尾の一部が甲板に落ちてきた。
「すっ、すげえじゃねえかあンた!」
「ま、まだだ……あれで退くような相手じゃないっ」
 セシルは悶え転げるリヴァイアサンを伺いながら、手を握りしめた。震えが残っているが、
拳にはじゅうぶんに力がこもった。まだいける。
「船長!」
「おぉとも!」
 阿吽の呼吸で立ち上がり、彼らはともに再び先端に走り出した。先ほどは落胆しかけていた
船長の目にも、力強い光が灯りだしていた。
「・・次の一撃が勝負だ!」
「頼むぜセシルさんよ!」
 腰を支える力強い手を感じながら、セシルは今一度剣を構えた。

 ところが、
「・・な、なんでえ?」
「渦が・・、止まった?」
 突然、今の今まで船を振り回していた大渦が消滅してしまった。海域の中心に佇む海神は、
頭をもたげたまま動かない。たちまち竦み上がっていた船員たちは狂喜して騒ぎ始めた。
「終わったのか・・?」
 用心深く様子をうかがいながら、セシルも気を和らげかけた。だが、それを叱咤するかの
ように、すぐに腰を支える力に一段と重みがかけられた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。