二節 試練8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 瞼を開けると、日が射して黄金色に輝く砂が目に入った。
 セシルは顔を上げた。頬には涙の伝った跡が残っていたが、その瞳から弱さは消えていた。


 ────僕はまだ生きている。そして、ローザも。


 なすべきことがあった。こんなところで踞っていることなど許されない。
 いや、誰よりも彼自身が許せはしない。
 セシルは立ち上がり、辺りを見回した。落ち着きを取り戻した頭で、昨日最初に唱えた疑問を
もう一度吟味した。
「ここはどこだ?」
 残念ながら目に見える範囲ではめぼしいものは見当たらない。西方には半島がのびており、
反対には陸が続いていた。幸いにか進む方向は一つしか無いようだ。
「・・待っていてくれ、ローザ」
 最後に、惜しむように海を一瞥すると、彼は決意して歩を踏み出した。踏みしめる重い砂の
感触が、孤独の重量を感じさせたが、セシルは立ち止まらず、迷いのない歩調で進み続けた。

 やがて、セシルの目に街の外塀らしきものが映った。それを得て彼は歩調を強めたが、
しばらくして今度は不意に驚いたように足を止めた。
 だが、すぐに彼は再び歩み始める。
 徐々に明らかになってくるその姿に、ひそかに胸の鼓動を早めながら。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。