二節 試練20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まったく・・!」
「申し訳ありません、長老様」
 かぶりを振る長老と、それに頭を下げるポロム。先ほどの長老の素早い対応にしても、
二人の仕草からどことなく慣れた印象がするのは、きっといつも同じようなやりとりを
繰り返しているのだろう。
「見ての通りの腕白でな」
「・・・」
「セシル殿、これだけは言っておこう」
 自分に向けられている疑心を見透かしているのか、長老は声を低くして語りかけた。
「わしは決して、くだらん酔狂なぞでこの子らを選んだわけではない。
 もちろんもっと年かさの、より有能な魔導士はいくらでもおる。だが今のそなたに必要なのは
彼らではない。そなたが求めているものは、ただ力のみを携えただけでは得られぬのじゃ」

 それでも彼はまだ納得しかねていた。しかし、長老の声には依然として抗いがたい
響きが含まれていて、それが彼に口実を与えない。
(・・もういい)
 セシルは息をついた。不安は消えないが、今は何より時間が惜しい。
 軽く頭を下げ、出口へと向かった。その背中を小さな少女が追った。

 部屋の出口で、少女はふいに立ち止まる。
 振り返ったその瞳は、先刻までの健気なものではない。鋭く、痛みを伴うような意志を秘めた
少女の眼差しが老人に向けられた。彼もまた堅固な眼差しでそれに応え、暗黙のままに彼らは
言葉を交わした。
 少女は小さく頷き、また暗黒騎士の後を追っていった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。