一節 闇と霧の邂逅16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「可哀想だが、この子も殺らねばならんようだな」
「カイン!」
少女に向けられた鋭い穂先と、それを握る友人の顔を、信じられない思いでセシルは見た。
「殺らねば俺たちが殺られる!
 気付いてるだろう、一歩間違えば、俺たちも炎に巻かれていた!!
「…………!」
「それでも構わないと、王はお考えだった。ここで任務にしくじれば、粛清は目に見えている」
息を呑んだセシルに、憐れむような眼差しを投げかけるカイン。
彼はセシルより、たった一つ年上であるに過ぎない。だが、その一年が大きな意味を持つ少年時代を、ふたりは共に過ごした。
自然と形作られる、兄弟に似た役割の差。その結果が今、現れている。
たぶん、彼の言うことが正しいのだろう。
「だからって……子供だぞ!」
「陛下に逆らえるか?」
「こんな殺戮を繰り返してまで、陛下に従うつもりはないっ!」
ミシディアで浴びた血の臭いも薄れぬうちに、こんな光景を見せ付けられれば、もうたくさんだ。
たとえその選択が、カインとの決別をも意味しようと、退くつもりはない。
「フッ、そう言うと思ったぜ。
 ひとりでバロンを抜けるなんて、させやしないさ」
無我夢中の叫びに、カインの腕から力が抜けた。兜の下からのぞく口元が、人の悪い笑みを浮かべる。
「……カイン?」
「いくら陛下に恩があるとはいえ、竜騎士の名に恥じる真似を、出来る訳なかろう」
親友のくせに、そんなことも分からないのか──子供っぽい拗ねた口調に、セシルは赤面する思いだった。こんな幼い少女を本気で彼が手にかけるなど、一瞬でも信じてしまうとは。
「だが、バロンは世界一の軍事国家。俺たちふたりが粋がった所でどうにもなるまい。
 他国に知らせ、援護を求めんことにはな」
あさっての方を向いたまま、強引に話を続けるカイン。彼が照れていることが、今のセシルは手に取るようにわかる。
「ローザも救い出さんと!」
「ありがとう。カイン」
率直な感謝に、ますますカインは照れた。首が真横を向いている。さんざん掌で踊らされたセシルの、ささやかなお返しだ。
「別に、お前の為じゃない」
ただの照れ隠しにしては、その声はやや硬かった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。