三節 山間3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 それにしても。セシルは首を傾げる。
 どうして誰に教えられるわけでもなく、次々と新しい魔法を覚えることが出来るのだろうか?
「いいえ、学書で学べることは、一通り長老様から教えていただきましたので」
「………それって、…全ての魔法を覚えてるということ……なのかな?」
 五歳の子供が?
「まだ使うことは出来ませんけど……」
 俯きながらポロムは恥ずかしそうに笑った。言葉を失うセシルを尻目に、向こうではパロムが
また新たな魔法をゴブリンに放っていた。


 まだ山を見上げている二人を眺めながら、セシルは苦笑した。
 いや、まったく、ここにきてはセシルも彼らへの評価を改めざるを得なかった。子守りなど
ではない。双子はもう立派な仲間だった。初めて出会ったとき、彼らの同行を断ろうとしていた
自分が思い出され、つくづくセシルは頭のあがらない思いだった。
 それから、もう一人の仲間に目を落とした。


 道程を軽くしてくれたのは、双子だけではない。
「セシルさん!」
 ふいに上がったポロムの叫び声、続けて、急に辺りが暗くなる。
 見上げると、頭上をはためく巨大な大鳥が彼らに影を落としていた。
「…こんな所にズーがでるのか!?」
 彼が驚くのも無理はなかった。目の前のズーを始めとして、巨大鳥族は本来はるか高空に
生息するものだ。魔の生物である彼らは、生涯その翼を休めることが無いとすら言われ、
こんな低地で見かけることなど、まずあり得ない。これも世界に起きている異変の影響だろうか。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。