FF6-Mt.koltz-3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とっさの判断で身を伏せたため、ロックを狙った奇襲者の一撃は、地面を直撃し砂塵が巻き起こった。
「…マッシュの手の者か?」
砂埃の中から現れた男と対峙し、只者ではないと見たエドガーとロックがティナの前に立った。
「マッシュだと?マッシュはいるのか!?」
「…『マッシュ』、その名前どこかで…。確か、エドガーの双子の弟!!」
エドガーの動揺した様子から、ティナはフィガロの神官長の話を思い出した。
「さっきから うろちょろしてたのはお前だな?」
「知るか!ふ、貴様らが何者とて捕まるわけにはゆかん。
このバルガスに出会ったことを不運と思って死んでもらうぞ!!」
バルガスは、ロックの問いに答える様子もなく、指を口にくわえ指笛を鳴らした。
すると、エドガーたちの背後の大岩から、のっそりと熊のようなモンスターが二匹姿を現した。
「こいつらはオレの可愛いペットでなぁ…。ちょうどエサの時間だったのだよ。やれ!イプー!!」
雄たけびをあげながら、二匹のイプーはエドガーたちの背後を襲った。
「くそっ!問答無用で挟み撃ちかよ!」
「ロック!ティナとともに後ろのモンスターを頼む!
おれは、この男から聞かねばならぬことがある!!」
エドガーはミスリルスピアを構えバルガスの動きを牽制した。
「…少しは出来るようだな。面白い、しばしの間相手をしてやろう!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。