FF5 63 飛竜18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォルツァは、形容しがたい複雑な感情を抱いたが、すぐに捨て去った。
そもそも、そんな悲しみにくれる資格など自分にはない。
そして今の状況・・・1対4。勝ち目はゼロだ。
「いや・・・まいった・・・」
少しの間バッツは剣を突きつけていたが、すぐに納めた。

どっかりとその場に座り込んで、フォルツァはうなだれた。
そうして落ち着くと、何故かいつもより頭がすっきりした。
フォルツァは妻とは言いつつも、そう思ったこともないし、抱いたこともない。確かにバッツが言うとおり、フォルツァとマギサの
関係を言うとすれば、それは”相方”または”相棒”が最も適切だろう。
しかし、その相棒と共に人を殺めてきた。そんな自分が相棒の死を悲しんでやれる資格などない。

「何故、山、来た?」
低い声でフォルツァが聞いた。
「飛竜だよ、タイクーン王のなんだが、そいつを追ってきた」
バッツが懐から小型の魔法飲料ポーションを出して、ガラフとファリスに渡しながら答えた。
そのバッツに頭だけ向き直り、フォルツァが言う。
「・・・・・・・山のテッペン、そこにいる」
バッツたちは驚き、一瞬沈黙する。
「そいつは本当か?」
聞いたのはファリスだった。
フォルツァは虚空を見つめたまま、ゆっくりとうなずいた。
四人は顔を見合わせていたが「とにかく行ってみよう」というバッツの言葉で、頂上を目指して歩き出した。

(あの人は、この先ずっとひとりなのかな・・・)
レナはそう考えたが、その後のフォルツァのことを何も想像できなかった。
王城の外のことを知らない自分。ましてや孤独など想像すらできない自分が、なんとなく歯がゆい思いだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。