FF7AC The black brothers1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

折り畳み式の携帯を開き、ここ数日分の伝言を順に再生していく。
もう指が覚えてしまっているほど慣れた作業だ。
というか、携帯の機種を変えてからそれしかしていないような気がする。

「リーブです。元気ですかぁ?
 クラウドさん、たまにはそっちから連絡してくれてもいいんちゃう?
 ティファさんにこの前会いましたけど、心配してま…」
「…クラウドさぁー、ホントにいつになったら留守電解除すんだよ?
 まあいいや、それより…」

最近はこんな内容のものがほとんどだ。
無理もない。
クラウドはかれこれ一年半以上も自分から連絡を取らず、ただ聞くだけの態度に徹しているのだから。
それだけの為に持っている携帯なら、いっそのこと湖にでも捨ててしまえと思ったことが何度もあるが、出来ない。
携帯を失うと、彼と仲間との接点が一つも無くなってしまうからだ。
そうかといって、こちらから積極的に電話をかけて、彼らと連絡を取り合おうとも思わない。
何をしているのか、何処にいるのかを、彼らに知られたくないのだ。
なんとも中途半端な自分を惨めな気分で笑いながら、クラウドは伝言を聞いては次の伝言を再生していった。
もちろん、本当に笑ったわけではない。笑うような仕草をしてみただけだ。
そうしている内に、最後の伝言になった。ティファからだ。
再生する。いつもと比べて、かなり簡潔な内容だった。
「ヒーリンにいるレノから電話があったよ。急いで来てくれって。
 クラウド…元気にしてるの?」
ツー。メッセージは、以上です。

その伝言を受け取った時、クラウドは少し面食らった。
レノ…丸2年ぶりに聞く名前だ。それにクラウド達とは敵対しているはずの人物。
そんな奴が俺になんの用だ?
しかもヒーリンと言えばなかなか高級な別荘地ではないか。あいつ、そんなところで何してるんだ?
疑問が次々浮かんでくる中、クラウドはゴーグルをかけ、バイクのエンジンを吹かした。
直接会って確かめるのが一番すっきりするだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。