FF7AC Vincent Valentaine2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…ジェノバ細胞!?」
 クラウドは素っ頓狂な声を上げた。同時に、左腕がまたピリピリと痛む。
 …いま、世界中に蔓延している星痕症候群。その元凶は、2年前に倒したはずの災厄、ジェノバだったというのか?
 無表情なヴィンセントの顔が、かすかに憂いの色を帯びた。
 「そうだ。奴は完全に滅びたわけではなかった。私たちが倒したのはあくまでも本体。それよりも以前から、奴の断片は思念となってライフストリームの中に生き続け、少しずつ数を増やしていた」
 クラウドは背筋が冷えるのを感じた。だが、ここで思考を止めるわけにはいかない。
 2年前のあの日。世界がメテオの驚異から、ジェノバの恐怖から解放されたと思われたあの日。
 「それで…2年前、ライフストリームが地上に吹き出してきたときに…」
 「”それ”も世界中にばらまかれ、結果…」
 ヴィンセントがクラウドの言葉の先をひきとる。

 「「星痕が蔓延した」」

 …なんてことだ。クラウドは頭を抱えた。
 2年前のあの日、クラウド達はたしかにジェノバを倒し、星をメテオから救えたかもしれない。
 だがそのせいで、もっと悪い結果を呼び寄せてしまったのだ。何年もかけて人の中に浸透し、じわじわとなぶり殺しにしていく、泥沼のような、ある意味では本当に恐ろしい災厄を。
 そこまで考えが伸びて、クラウドはあることが気にかかった。

 ヴィンセントのやつ、なんでこんなことを知ってるんだ?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。