FF7AC Vincent Valentaine7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 突然のことに一瞬呆然とするクラウド。その後、すぐにマリンを説得しようとした。
 「マリン…もう少し待ってくれ。これから戦いが始まるはずだ。でも、ただ戦えばいいってわけじゃない…わかるよな?」
 しかし、クラウドの詭弁は、ここでも簡単に粉砕された。「わかりません!」という、ティファ譲りの説教めいた一言によって。
 クラウドはヴィンセントを見た。しかし彼はクラウドに助け舟を出すようなことはせず、鋭い目で睨みつけてくるだけだった。
 気まずい沈黙が降りる。

 しばらくして、クラウドを睨んだまま、ヴィンセントが沈黙を破った。
 「…お前の言っていることは正しい。これから戦いが始まるだろう」マントの裏のマリンを一瞥してから、続ける。
 「しかし、この子の言っていることはもっと正しい」そして、またクラウドを睨みつける。
 「クラウド…お前はこの2年間、どこで何をしていた?」
 鋭く、刺すような目。火のような色をした瞳が、クラウドには本当に燃えているように見えた。
 「この2年間、お前はどこをほっつき歩いていた?その重荷を一人で背負って、どこに隠れていたんだ?」
 クラウドは黙り込んでしまった。しかし、ヴィンセントの火のような瞳は無言で詰問を続ける。
 ―――なぜ、私たちの話は聞いてくれなかった?
 ―――なぜ、私たちの声に耳を貸してくれなかった?
 ―――なぜ、お前のその重荷を、私たちにも背負わせてくれなかった?
 ―――どうなんだ。クラウド。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。