三節 光を求めて1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ほらほら、セシル早く!」
「ま、まってくれよリディア……」
「まてないー、遅いよっ!」

 エメラルドグリーンの美しい髪をたなびかせながら、無邪気に駆け回るリディアが先を急かす。
その爛漫な姿はまるで、砂上に輝くオアシスの妖精のようであったが、後ろに控えている暗黒騎士は、
それはみじめな有り様だった。自慢の鎧は吹き付ける砂によってその鮮やかな漆黒を汚され、全身を包む
その黒色がたっぷりと日光を吸収して、中の男ーーセシルは蒸し風呂のような責め苦を味わっていた。
おまけに、彼の背中には巨大な買い物袋が累々と積み上げられていた。
「セシルが言い出したんだからねー」
「わかってるよ……でも、ちょっと休ませて」
耐えきれなくなったセシルはドカドカと荷物を下ろすと、日陰に腰を下ろした。
暑いのには変わりないが、日なたとは偉い違いである。全く、信じられない暑さだ。
兜を外し大きく息をつくと、リディアも横にチョコンと座り、汗をふいてくれた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。