三節 不和の旋律2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トロイアの町の東、柔らかな牧草で覆われたごく狭い高台に飛空挺をおろし、セシルたちは市街地へと繰り出した。
ぬるんだ空気と水のにおい。石造りの建物は少なく、草で屋根を葺いた木造の小屋が目立った。河岸では女たちが洗い物を広げ、夕暮れを映した薄紫色の水の上を、緑色の果実を積んだ舟が滑っていく。
一向は浮橋をわたり、中洲に立つ大きな建物へ向かった。
「いらっしゃい!」
いくつかの棟が合わさった、大きな食堂だ。気風のよい女主人に料理と酒を注文し、用向きを告げる。女将はしばらく考え込んで、テーブルのひとつに陣取った一人の男をセシルたちに紹介した。
「ロドニー、あんたにお客だよ」
「なんや、メシ持ってきたんとちゃうんか」
盆で頭を叩かれ、ロドニーと呼ばれた男は卓上から足を下ろした。日焼けした体躯、訛の入った口調、明るい茶色の髪と目。熟練の狩人、あるいは漁師といったところか。年齢はヤンと同じくらいで、彼と同じく口髭をたくわえている。
「で、なんか用かい、兄ちゃんたち」
どうやら気さくな人物らしい。同席を願い出たセシルたちを快く受け入れ、問いかける口調は、子供のような好奇心であふれていた。
「磁力の洞窟に行きたいんだ。
 案内してくれる人を探したら、あなたが適任だと言われた」
「……はぁ?」
よほど意外な申し出だったのか、ロドニーは目を丸くした。
「やめときやめとき。あんなところ、地元のもんでもよう行かん」
「そういうわけにも行かないんだ。どうにかならないか?」
「む~。雨季やったら、何とかならんこともないけどな~~
 なんや、宝石でも拾おうっちゅうわけか?」
「……そんなところだ」
セシルに先んじて、ロドニーの追求をテラが誤魔化す。眉に埋もれがちな目配せに、セシルも頭を冷やした。土のクリスタルが奪われたことは、まだ一般の国民に知らされていない。いずれ公表するにしても、判断するのはこの国の統治者であるべきだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。