四節 Eternal Melody23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴のような声があった。割れ鐘のような声があった。中にはひどく、調子外れのものまであった。
賑わう酒場の一角で。夕風の吹き渡る岸辺で。あるいは河に浮かべた小舟の上で、幼い弟妹の手を握り。
セシルが知らない、おそらくはこの先も、出会うことのない人々。彼らのほうでもセシルのことを何一つ知らないまま、ひとつに声を合わせている。
光の粒子を舞い散らせ、クリスタルもまた、共に歌っていた。
そして。
高らかに歌う結晶をセシルが手にした瞬間、黄金の光が膨れ上がった。
輝きが津波のごとく周囲を満たし、影という影、闇という闇を遠く追い払う。
光の波に浚われ、セシルの視界から一切の輪郭線が消えた。燃え盛る炎のように熱く、それでいて心地よい感触。
これまで振ったどの剣よりも、握った誰のてのひらよりも、クリスタルはセシルの手に馴染んだ。
このまま一体となって、光の中で溶け合わさる。そんな錯覚を覚えるほどに。
「EZAN!」
ダークエルフが──竜身から、もとの貧相な姿に戻った妖精が、驚愕の叫びを上げる。
太陽が降りてきたかと見紛うような光の中で、そこにだけ、薄汚い染みが出来ていた。
セシルはその染みに向かって右手をかざした。宝石が彼の意を汲み取り、さらに輝きを強める。
「AGIHC……ONION NEIEA BERAEAS……
 URAT USIRUK!」
やけに流暢な断末魔と引き換えに、ダークエルフの影が消えた。
それで終わりだった。
『やったー!』
ヒソヒ草の向こうで、少女のような歓声が湧く。負傷したヤンの元に仲間が駆け寄り、手を尽くして傷を癒している。
セシルはクリスタルを掲げ持ち、その様を見守った。
高揚がまだ、体の中に残っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。