三節 山間48


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おおっ……ううっ……」
そんな一行の注目を一気に集めたのが、突如呻きを上げたテラだ。
「どうしました? テラ様」
ポロムが心配し、声を掛ける。
「失われた魔法の数々が思い出せそうじゃ……何かが頭に語り掛けてくる様じゃ……」
そう言ってしばらくは天を仰ぎ見ていたテラではあるが、やがてセシル達の方に向き直り……
「思い出したぞ! 忘れた呪文の数々を! うっ……」
そこまで言ってまた頭を抱える。
「メテオ……? あの光が授けてくれたのか。封印されし最強に黒魔法を!」
あの声の主が授けたのだろう。しかしセシルには既にその声は聞こえていなかった。
「そんな魔法まで! さすがテラ様。これで百人力ですわ」
「ちょっと……ポロム……」
「何?」
その控えめな様子のパロムが珍しかったのか、ポロムが耳を傾ける。
「もう……ばら……ちゃってもいいんじゃ……ない……か」
「ああ、その事ね。分かった」
一瞬険しい顔になったが、すぐに元の表情へと戻る。
「えーと。あの~セシルさん……」
「実はおいら達は……」
改まって二人がが何かを口にしようとするが……
「よしっ! 見ておれよっゴルベーザ! この力を持ってお前を倒しにいくぞ」
その言葉は、テラの叫びによって無惨にもかき消された。
「ゆくぞっ! セシル」
そう言って一気に外へと走り去ってしまう。あの歳の老人の何処にあれほどの体力が残ってるのか
疑いたくなる程にだ。
「あっ! 待って下さいテラ様!」
急に走り出したテラを慌てて後を追うポロム。それにつられるかのようにパロムも外へと向かった。
「ごめんなさいセシルさん。詳しい事はミシディアにでも帰ってからで」
その様子を見て、セシルも外へと出ようよ歩き出す。最後にもう一度だけ、後ろを振り返りこう口にした。
「ありがとう……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。