一節 刻む足跡21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『セシル……セシル……』
びょうびょうと吹く風に乗り、声はただセシルの名を呼び続ける。
セシルは思い切り首をひねり、潜むものの姿を捉えようと努力した。だが無数に続くかに見える棺と、同じく凍りついた副長の他は、彼に見えるものはない。
「この奥は……」
「禁域です。王以外は──」

王。

不意にセシルの呪縛は解けた。副長の返答に含まれた単語が、記憶を呼び覚ましたのだ。
墓所の奥に正対し、膝をつき、手を肩口に当てる。
『セシルよ……』
「──御前に」
どうか、僕の声が届きますように。祈りを込め、セシルは、彼を呼ぶおごそかな声に応えた。
何故すぐに気付かなかったかという思いと、たとえようもない懐かしさで震えそうになる声を抑え、頼むべき兵士であろうと努める。
『幻獣界との縁を見出せ……
 お前の力になれるだろう』
「かしこまりました」
顔を伏せ、足元の床を見ていれば、その声はまるで、すぐ目の前からかけられているように思える。
堅牢な玉座に腰を据え、指示を下す主君の姿が、まざまざと脳裏に蘇った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。