四節 これから5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前は!」
「パラディンになったからわからないのか?
 僕だ、セシルだ!」
パロム、ポロムはもちろんだが、テラとヤンの間にも面識はない。彼が見知っている相手はセシルだけだ。
もしかしたら。祈るような気持ちでセシルは名乗りをあげた。
「わからいでか! 探したぞセシル!
 バロン王に逆らう犬め!」
「なんだよ、そっちこそバロンの犬じゃ……」
「パロム!!」
予期した通りの返答に落胆する暇もなかった。悪態の途中で尻餅をついたパロムの頭上を、黒い疾風が薙ぎ払う。ヤンが繰り出した蹴りの鋭さは、以前と比べて些かの遜色もない。それどころか、力強さを増してさえいた。
カインがそうであったように。
「ふん、それなりに骨はあるようだ」
「ヤン、君まで……」
以前に見せた、流れるような連撃を繰り出そうとはせず、再びセシルたちと距離をあけて構えを取るヤン。全身から殺気がたちのぼり、膨れ上がった筋肉が黒ずんだ肌を押し上げる。手加減を期待できる雰囲気ではない。
この場での説得をあきらめ、セシルは剣を抜いた。仲間は後ろに下がらせる。接近戦に弱い魔道士と、格闘に秀でたモンク僧。一度懐に入られたら、まともに呪文を唱えることも出来まい。
だが、ヤンから離れたことで、セシルと3人の間に空白が生まれてしまった。2人のバロン兵が割って入るに十分な隙が。
「……かかれ」
当然のようにヤンが命令を下し──
「はっ!」
当然のように、バロンの兵が従う。
それを契機に周囲で悲鳴が巻き起こり、遠巻きに様子を見ていた野次馬が我先にと逃げ出した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。