四節 これから18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あの……!」
 言いすがる彼女を、セシルはそっけなくあしらう。
「シャーロット、僕らに関わらない方があなた方のためです」
「存じております、ですが……」
 関わらない方がいいというより、関わらないでくれ、というのがセシルの本音だった。
 なぜなら、彼はシャーロットが何を知りたがっているのかとっくにわかっていたからだ。そんな
ことは、初めに再会したときからずっと、彼女の心配そうな表情がもの語っていた。
 そしてセシルにとって、それに答えるのはとても辛いことだった。
「お嬢様は……、ローザ様はどちらに?」

 ほら、やっぱり。

「ここには連れてきていません、安全な所で身体を休めています」
「そうですか……」
 そう聞いて、彼女は少し安堵した様子で胸を抑えた。
 嘘を見破られない方法は嘘にならない言葉を選ぶこと。
 どこかで聞きかじった話、嘘などつかないと思っていたけれど、意外な所で役に立ったものだ。
「奥様に、お伝えしないと……」
 ふいにセシルは足を止め、シャーロットを見据えた。
 思わぬ彼の反応に、シャーロットは立ちすくむ。
「シャーロット」
「はい」
「奥様には、僕やローザのことはまだ話さないでもらいたいんです」
「えっ、でも……何故…」
「……それじゃ」
 半ば強引に言い捨てて、セシルは彼女を振り払った。シャーロットはなおもすがろうとしたが、
セシルの背中に決別としたものを察し、諦めて口を閉ざすと、遠ざかる彼らを不安げに見送った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。