四節 これから19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 遠く彼女の様子を振り返りながら、テラが口を開く。
「セシルよ。ローザというのは、確かそなたの…」
「まだ話していなかったね、テラ。そういえばお礼もまだだった」
「あの病人の娘だったな?」
「そうだ。あなたとギルバートのおかげで、彼女の命を救うことが出来たよ」
「しかし、その娘はどこに…?」
 テラの問いかけに、セシルは目を細めて口を閉ざす。
 苦しげな彼を見かねて、ヤンが言葉を返した。
「ローザ殿は、ゴルベーザの元に連れていかれて………」
「……なんということじゃ、…するとあの女性は」
 再びシャーロットの姿を顧みるテラに、セシルが付け加えた。
「ファレル家の、ローザの屋敷に仕えている女中だよ」
 言いながら、セシルも振り返り、こちらを見つめる優しげな中年の女性でを見た。
 懐かしさに胸が溢れた。幼い日々の想いが駆け巡る。だが彼はすぐさま彼女から目をそらした。
 自分たちの境遇を忘れてはならない。この懐かしさすら、今だけはあだになってしまうだろう。
 セシルは努めて先を見据え、いっそう足を早めていった。

 やがて、彼らは街外れにある一軒の家の前で止まった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。