四節 これから26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「よもや、技師殿が捕らえられていようとは……」
壁を背に直立したヤンが、重い息を吐き出した。
赤い翼を手にしたゴルペーザに対抗するには、飛空挺がどうしても必要だ。
シドの協力を得ることは、それはまだセシルが暗黒剣を振るっていた頃、ヤンらと共にファブールを出港した時からの、一貫した目的である。
それだけに、彼が捕まったと聞いた時の落胆は大きかった。
「だからといって、引き下がる訳にもいくまい。
 なんとしてもワシらの手で救い出すんじゃ」
「場所がわかればいいんだけれど……
 ヤン、思い出せないか?」
シドの人相風体を伝え、ヤンの記憶を引き出そうと試みるセシル。実直なモンク僧は両目を閉ざし、こめかみを揉み解して期待に添うべく努力したが、結果は芳しくなかった。
「済まぬが、そのような御仁を見かけた覚えはない。
 ……いや、それどころか。
 私はあの城で、以前顔を合わせたことのある相手を、まるで見かけていない気がする」
「というと?」
セシルの問いかけに、厳しい顔でヤンはうなずいた。
「奴らに操られていた私は、消えた飛空挺を探す命令を与えられ、バロンの城と町をくまなく歩き回った。
 しかし、ファブールの同胞はもとより、ゴルベーザ、カイン、そしてローザ殿──
 誰一人として、顔をあわせた覚えがないのだ。
 安否のわからぬ者たちや、囚われている方々は別としても、あまりにも……」
「おぬしが覚えておらんだけではないのか?」
「そうかもしれませんが」
ヤンの表情は険しい。自分の記憶を疑われたから、というよりは、取り戻した記憶そのものが彼を不快にしているようだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。