三節 光を求めて21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それから3人は、一羽のチョコボに乗ってダムシアンを目指した。
いくらなんでも一度には一羽しか召喚できないので、仕方なく3人で乗ることにしたのだ。
流石に重過ぎるのか、チョコボは時々危なっかしくよろめき、いかにも辛そうだったが、
しかしそれでも随分速い。出発して2時間といったところだが、もうダムシアンまでの距離の半分は走破していた。
「日暮れ前に到着できそうだね。それにしても速い!」
「でしょ~?ね、ところで、ダムシアンってどんな所?」
「ああ、とっても平和な所さ、リディア。
 住んでいる人々もみんな温厚で優しくてね。特に王子のギルバ…」
セシルとリディアがそんな話をしていたその時、彼らの乗るチョコボよりも遥かに速い何かが頭上をよぎった。

セシルは思わず、上空を見上げた。
この音。かつて嫌と言うほど耳に飛び込んできた、この音。
それは紛れもなく、飛空艇のエンジン音だった。

飛空艇は彼らに構うことなく、一直線にどこかへと向かって行く。
彼らと同じ方向へ。つまり、ダムシアンへ。
そう、四つの内の一つのクリスタルがある、ダムシアン城へ。
「…まずい!」
セシルが叫ぶ。
ダムシアンのクリスタルを狙っているとするなら、ミシディアやミストと同じ惨劇がくりかえされることになる。
それはなんとしても避けたい。
「奴らはダムシアンのクリスタルが狙いだ!
 リディア!急いでくれ!このままだと大変な事になる!」
セシルの鋭い叫びにリディアは驚き、チョコボもまた、それまでよりも速く砂の大地を駆け始めた。

その約一時間後…
ダムシアンの城は眼前に写る頃には、そこは既に大部分が原型を失っていた。
城としての面影はなく、所々が火の海と化している。
目を凝らすと、去っていく飛空艇の点のような姿が見えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。