FF6-リターナ本部13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 その時、入り口付近から重量のある物体が床にぶつかったような、
鈍い音が皆の耳に届いた。
「何じゃ?今の物音は…」
反射的に全員が入り口へと向かう。

そこには背中に酷い傷を負った見張りの兵士が倒れていた。
荒い息をつきながら、懸命に身を起こそうとしている。
「た、大変です!バナン様。サウスフィガロ、が…」
「おい!何があったんじゃ!?」
 駆け寄ったバナンが抱き起こすと、兵士は苦痛に顔をゆがませながらも、
顔を上げた。
「帝国が、こちらにむかっています。サウスフィガロは恐らく…」
「気づかれたか…作戦を急がなくてはならん!」
 バナンは舌打ちし、エドガーを振り仰いだ。エドガーは黙って一度頷く。
「ロック!」
 エドガーの声にロックが弾かれたように立ち上がる。
「わかってる。サウスフィガロで内部から敵を足止めするんだろ?」
「お前の特技を見込んでのことだ、頼んだぞ!」

 エドガーは手元に置かれていた短剣をロックへと放った。
それを空中で受け止めて腰のベルトに収めると、
階段を数段下りた所でロックはティナの方を振り返った。
「ティナ!俺が戻るまで大人しく待ってなよ。
特に、手が早いので有名などこかの王様には気をつけろよ」
「ロック!一言多いぞ、お前は…!」
 エドガーが蹴る真似をすると、ロックは軽く笑いながら、
じゃあな、といって素早く身を翻した。出口へと姿が消えるのを見送りながら、
マッシュは半ば呆れたように付け加えた。
「兄貴…まだそのクセ直ってないのかい?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。