SubStory 2 nao chora mais(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わがままばっかり言うんじゃないわよ!」
「勝手に決めるなよ!」
口論を再開したふたりを、テラとヤンが引き離す。それでも双子の興奮は覚めず、足をばたつかせて言い争いを続けた。
「セシルさんだって、やりたくてやったわけじゃないのはわかってるでしょ!!」
「やりたくないなら、やらなきゃ良かったじゃんか!」
「そんな虫のいいことできるわけないでしょ!!」
「じゃあ何のためにパラディンになったんだよ!!」
宙に抱え上げられながら、双子の喧嘩はなおも続く。
彼らなりに事実を受け止めようともがく子供らに、かけられる言葉をセシルは見つけだせなかった。
「わたしたち、セシルさんのお手伝いをするために来たんでしょ!?
 邪魔しに来たんじゃないでしょ!」
ヤンの腕から解き放たれ、ポロムが床に飛び降りる。テラの戒めを振り切って、パロムがそれを迎え撃つ。
「そんなこと、言われなくてもわかってるよ!」「だったらちゃんとやりなさいよ!」「うるさいなぁ、ポロムにゃわかんねーよ!」
「……パロム!よせ!」
今はセシルにもいくらか状況が飲み込めた。だから彼は”パロムを”止めようとした。
「白魔道士のくせに!!」
彼は、言ってはならないことを言おうとしている。セシルにはそれがわかる。
「どうせポロムは、みんなにケアルするだけだもんな!
 やっつけるのは、オイラたちなんだぞ!
 ひとに全部やらせといて、自分だけいい子ぶるなよ!」

『ありがとうローザ。だが僕は暗黒騎士』

丸く見開かれたポロムの目に透明な粒が盛り上がる。それがこぼれるより早く、彼女は爆発した。
「パロムのばかぁぁぁっ!」
ほとんど体格の変わらぬ双子の弟を突き飛ばし、引きとめようと伸ばしたヤンの手をすり抜け、突進するポロム。流しの脇の勝手口に体当たりすると、もとから半開きの扉はあっさりと彼女の通行を許可した。
「言い過ぎじゃ、馬鹿者」
尻餅をついたパロムが、テラの拳骨を喰らっている。代わりにセシルがポロムを追った。
──ボクハアンコクキシ
手を汚すことのない君とは違う──
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。