六節 双肩の意志22


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気付いた時には……
もはや以前の半分以下になった控え室に、セシルは立ち尽くしていた。
テラもシドもヤンも呆然としながらそこに立っている。
そして……部屋の両脇の壁には……満面の笑みを浮かべた二人の子供達の姿。
決して動く事無く、決して表情を――喜怒哀楽の激しかった二人の――変化させぬ子供達の姿。
全身は固く冷たい。だけどそこに内包されるものは誰よりも温かい。

黒魔法ブレイク。
対象者の体を内部から硬化させ、最後には全身を石塊にしてしまう魔法。
一度術が成功すると、その対象者は治療魔法。例えばエスナなどの魔法をかけられぬ限り、
元に戻る事はない。
ある種、治療手段を持たぬ者には最も恐ろしい魔法だといってもいい。
その魔法を、通常は攻撃として用いるはずを、パロムとポロムは自分にかけたのだ……
実際は、黒魔法を使えるパロムの手によるものだろう。だが、ポロムもそれを拒まなかったのだろう。
そして、石となった自分達の体で、迫り来る壁を受け止めたのだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。