六節 双肩の意志4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「大人しく、指示に従えば命だけは……助けてやったのにな」
此処にいる王が偽物ならば、かつて
「の王、セシルの最も敬愛するその人物の行方は何処に?
そして面前の者は最も高い可能性で、セシルが予測した可能性を述べた。
「最も、そんな事なら、彼は望んで死を選んだだろう……お前ならそう言うだろう!」
その通りであった。
「だがな、寂しがらなくてもいいぞ……そう、すぐに一緒にしてやるからな!」
「そんな事!」
させてなるものか! 一心でセシルは先手を打つかのように切りかかろうとする。
だが、敵も咄嗟に身を翻す。
「おっと、俺はスカルミリョーネのように無様な事はせんぞお。何しろあいつは四天王になれたのが不思議なくらい
よわっちい奴だったからなあ!」
「ならば貴様も!」
「いかにも! ゴルベーザ様が四天王! 水のカイナッツオォ!!!!」
言うが、直ぐに壁際まで跳躍。そのまま手を壁につく。
「セシル!」
部屋の入り口の扉からテラ達がやってくる。
「話は此方にも聞こえていたぞ……」
テラには何処か遠慮がちに言う。セシルの心情を察してであろうか。
「今はあいつを倒さねばならない!」
「あれは……」
ヤンが王であったものを見て、驚きがちの反応を示す。
王は玉座後ろの壁に手をつき、その体を壁へと浸透させていた。
「気を付けろ……奴も四天王の一人だ……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。