五節 忠誠と野心22


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「すいません。テラ様……」
牢内部の人並みを掻き分けて、魔導士達がテラのところまでやってきた。
「いや、いいのだ……それよりも」
「はい……我々はミシディアの民。クリスタルの奪還の際にこの国まで連れてこられて……」
何故か。それはおそらく彼ら自身がまだ、処分されていないと言うことから、セシルが予想したとおり、
ミシディアの魔力を、バロンのものにしようとしての事だろう。

「まさか、再び会えるとは思ってませんでした……我々は誰もあなたの事を恨んではいなかったのに……」
「その話か……」
ミシディアでの魔法事故。
原因にテラが関与した事であり、ミシディアから彼が去ることになった切っ掛け。
「すいません。嫌でしたか?」
「まあな……」
「そうでしたか。ですがこれだけは言わせてください……あなたに教えられた事、それがあったからこそ
私たちは此処で大切な事を知ることができたのです!」
豪語する魔導士。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。