紅蓮銀氷雷電疾風|蛮力|外法技芸精霊御魂魔人禍津

蛮力属
名前 解説
スライム 実体化に失敗した悪魔。
本来の能力も失い、
不完全なゲル状の体で活動する。
悪魔が本来住む魔界「アティルト界」から
人間の住む現実世界「アッシャー界」へ
進出できなかった哀れな姿である。
オバリヨン 夜、ヤブの生い茂った道を通ると
人の肩におぶさってくる妖怪。
「おんぶお化け」とも呼ばれる。
一度取り憑かれると簡単には離れないが、
家まで連れて帰る事ができれば
小判に変わるとされる。
トゥルダク 死の神ヤマに仕えるインドの鬼神。
裁かれた魂への刑の執行者。
地獄の統治者にして死者の審判者である
ヤマが有罪を下すと、トゥルダクは
その霊を進むべき地獄へと連行する。
ナタク 少年の姿をした道教の英雄神。
世の悪しき魔神たちを駆逐するために、
大羅仙という軍神が生まれ変わった姿。
父である托塔天王への反抗から自害し、
命を落とすが釈迦の力で生き返り、
神仙となった。
オニ 日本の様々な伝承に登場する、
醜悪で怪力をもつ邪悪な妖怪。
人里を襲っては、
手にした鉄棒で暴虐をはたらく。
ラミア ギリシア神話に登場する蛇女。
リビアに棲むといわれる。
上半身が美しい女性で、
下半身が蛇の姿をしており、
子供や若い男性の生き血を好むという。
ゴズキ 仏教に伝わる牛頭の鬼。
えん魔王の配下にあり、
メズキとともに地獄の獄卒として働く。
地獄に堕ちた罪人をこんぼうや刃物で
打ち殺す、残酷な刑罰の執行が
彼らの任務である。
メズキ 仏教に伝わる馬頭の鬼。
地獄の獄卒として、生前に罪を犯した
人間たちを拷問にかける。
殺されても生き返る地獄の罪人たちに、
情け容赦なく責め苦を与え続ける。
ヨシツネ 平安時代の末から鎌倉時代の
始めにかけて活躍した、
源平合戦の英雄として有名な武将。
牛若丸という幼名でも知られ、
鞍馬山の天狗に武芸を教わったとされる。
チェルノボグ スラヴの創造神話に登場する、
夜と悪と死を司る「黒い神」。
光と昼の「白い神」ペロボーグと
対立する存在である。
ヨモツイクサ 日本神話において黄泉に棲むとされる鬼。
黄泉比良坂でイザナミがイザナギに対して
放った追っ手でもある。
軍勢を成し、
ヨモツシコメに統率されている。
クー・フーリン アイルランドの美しき英雄。
太陽神ルーグの息子で、一人で大軍を
撃破するほど勇猛で優れた戦士。
戦いの女神モリーアンの求愛を
断ったために死の呪いをかけられ、
自らの槍ゲイボルグに貫かれる。
トリグラフ 西スラブの軍神。主神的立場でもある。
その名前は「3つの頭」という意味を
持っている。
黒い馬を聖獣としその背に乗る。
同じく白い馬を聖獣とした
軍神スヴェントヴィトと対照的な存在。
ラクシャーサ ヒンドゥー神話に伝えられる、
神々に敵対すると言われる邪鬼の一族。
人間の敵となる存在である。
悪の力の表れである彼らは恐ろしい姿を
しているが、時に変身して
人間らを惑わせるという。
アタバク 戦いや国家守護を司る仏教の明王。
「太元帥明王」とも呼ばれる、
明王たちの総帥。
釈迦が入滅する時、明王や天王、
鬼神を集め、仏教の教えを守り、
人々を守護する誓いを立てたという。
ショウテン 密教に伝わる神。
ヒンドゥー神話のガネーシャ神が
仏教に入って成った。
知恵学問に商売、厄除け、夫婦和合と
たくさんのご利益があるとされるが、
いい加減な信仰にはタタリをなすという。
ジークフリード 伝説の英雄シグルズのドイツ名。
叙事詩「ニーベルンゲンの歌」に
登場している。
邪龍ファブニールの血を浴び不死身の体を
得るが、背中に貼り付いた木の葉のために
完全な不死とはならなかった。
フェンリル 北欧神話の巨大なオオカミの怪物。
悪神ロキの息子で、世界の終わりには
オーディン神を飲み込むという。
魔法の紐グレイプニルで縛り付けられて
いるが、世界の終わりラグナロクの日に
この捕縛も解かれ、神々と戦うとされる。
スサノオ 日本記紀神話に登場する気性の荒い男神。
イザナギ命より生まれた三貴子の一柱。
粗暴な行いで高天原を追放されるが、
後にヤマタノオロチ退治などの英雄的
行いもし、根の国の大神となった。
マハカーラ 憤怒の相をしたインドの退魔の魔神。
破壊神シヴァの一化身とも。
仏教に入って大黒天になったとされる。
剣を手にした恐ろしい姿であるが、
しかるべき供物をし、手厚くまつれば
信奉者に多大な福や富をもたらすという。
シヴァ 世界の破壊と創造神を司る偉大な神。
ヒンドゥー教でヴィシュヌ神とともに
最も崇拝を集める神である。
光の三叉槍ピナーカを武器とし、
額の第三の目はすべてを焼き尽くす
力を秘めている。
マサカド 平安中期に朝廷に反乱した武将・平将門。
関東の支配に成功し新王を名乗るが、
後に藤原秀郷と平貞盛に討たれる。
死後、たたりなす御霊(ごりょう)として
まつられ始め、さらに英雄的性格を帯びて
関東の守護神として信奉され、今に至る。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー