紅蓮銀氷雷電疾風蛮力外法|技芸|精霊御魂魔人禍津

技芸属
名前 解説
ピクシー イングランドに伝わる森の妖精。
いたずら好きだが、貧しい者の仕事を
手伝うなどする善良な存在である。
旅人を道に迷わせるいたずらや、
怠け者を物音で驚かせたりするのは
彼らの仕業だという。
タム・リン スコットランドの妖精騎士。
妖精の宮廷シーリー・コートに属し、
カーターホフの森の番をする。
元はこの地に住む人間であったが、
9歳の時に妖精に誘拐され、
自らも妖精として暮らすこととなった。
セルケト エジプトのサソリ女神。
冥界に住み、縛られた邪龍アペプの
監視をしている。
ナイルの源を守護する豊穣神でもあり、
女神イシスを助けてオシリスの葬祭を
執り行う者でもある。
ブロブ 「染み」という名前をつけられた、
ゲル状不定形の怪物。
人間の肉を溶かし食い、成長する。
高い気温を好み、氷点下では
著しく活動能力を失う。
宇宙から飛来してきた存在とも言われる。
リャナンシー アイルランドの民間伝承に登場する、
美しい女性の姿をした妖精。
人間の男の愛を求めていると言われる。
恋人となった男の生命を吸い取って
生きているが、その代わりに恋人に
霊感を与えるという。
イッポンダタラ 熊野の山奥に住んでいると伝えられる。
一つ目、一本足の妖怪。
山に雪が積もると、その中に
一本足でつけたと思われる30センチ程の
足跡を残すとされる。
レギオン 同じ様な苦痛を味わう霊達が
集合して生まれた悪霊。
その名は「連隊」を意味する。
ゲラサ人に憑いた悪霊がこの名を名乗るが、
キリストによって豚の中に送られ、
豚ごと湖で溺死させられた。
ネコマタ 長命の猫が力を得て妖怪に化身した存在。
知恵に長け人語を解する。
得た力の大小によって操る現象の規模は
様々だが、中には人に化けたり
死者を使役したりする者もいるという。
トート エジプト神話に登場する全能の神。
ヒヒの頭を持っている。
悪神セトとは常に反目する立場を取り、
オシリス、イシスといった善性の神々に
従って行動した。
オベロン イングランドの妖精王。
美しい妖精ティターニアを妃とする。
魔法を使うことにも長けていて、
会話した人間を永久に支配してしまう
こともできるという。
ティターニア 妖精の女王で、オベロンの妻。
ローマ神話の女神ダイアナに由来すると
いわれる。
花の妖精たちをお供につけ、
月明かりから魔法を紡ぎだすという。
ナガスネヒコ 太古に大和地方を支配していた王。
アビヒコの弟。
神武天皇の東征軍を迎え撃ち、
一旦は勝利するが、アマテラスらの加勢を
受けた軍勢に敗れ去る。
アビヒコ 大和地方の有力な豪族。
ナガスネヒコの兄。
戦いに敗れたアビヒコと
ナガスネヒコらは、ともに津軽に渡り、
そこで王朝を築いたという。
ハイピクシー 妖精ピクシーの中でも上位の者たち。
力が強く、兵士的な役割を担う。
ピクシーらの住む遺跡や洞穴などで
外敵への警護を担っていると考えられる。
アマツミカボシ 星の神として日本書紀に記される一柱。
アメノカガセオとも呼ばれる。
天津神に従わない悪神とされる。
葦原中国の平定で派遣された
タケミカヅチ神とフツヌシ神にも
屈することが無かったという。
スカアハ ケルト神話の女神。
影の国を統べる女王でもある。
呪術師だがむしろ武芸に秀で、
後にクー・フーリンの師となって
彼に魔槍ゲイボルグを譲り渡した。
クダン 牛から生まれる人面牛体で、
人語を発する妖怪。
凶事の始まる前兆として現れ、
必ず当たる予言を残して
死んでいくという。
トウテツ 全てを食らい尽くすという中国の邪神。
どんよくなことからこの名が付き、
弱いものを好んで襲う卑怯な性格という。
四凶と呼ばれる中国の四怪獣の一体で、
略奪によって財を奪い、使うことも無く
ひたすら貯めこむと伝えられる。
フツヌシ 日本書紀に登場する刀剣の神。
天孫降臨に先立ち、
葦原中つ国を平定したとされる。
フツヌシという名は、物が断ち切られる
さまを現す「フツ」と、神であることを現す
「ヌシ」から成っているとされる。
ベルフェゴール 7つの大罪のうちの「怠惰」を
司るとされる悪しき魔神。
発見や発明の能力を授けるともいう。
元々はシリアの豊穣神であった
バアル=ペオル神が、
悪魔として貶められた姿だとされる。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー