※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※注意
各型のバイト数はC言語の仕様では決められておらず処理系依存である。
signed/unsignedをつけなかった場合、char型は処理系依存、int型は符号付きになる。

詳しくは処理系のマニュアルを参照する事。

Cの型

char 1バイト整数
int ホスト計算機の自然な整数サイズ
float 単精度浮動小数点
double 倍精度浮動小数点

short/long修飾子


short int ≦ int ≦ long int
short int は short と記述可能
long int は long と記述可能

long doubleは拡張精度浮動小数点数。
型の前にsignedを付けると(明示的に)符号あり、unsignedなら符号なしになる

構文

変数宣言

  • AB
Dim 変数名 As 型
Dim a As Long
Dim x As Byte
Dim a[10] As Single
Dim q As *DWord
  • C
型 変数名;
long a;
unsigned char x;
float a[11];//ABの配列は0から指定した値まで。Cの場合は指定した個数の配列
unsigned long *q;

ポインタ

  • AB
Dim m As DWord
Dim i As *DWord
i = VarPtr(m)
SetDWord(i, 333)
m = GetDWord(i)
m = AddressOf(Sin) As *DWord
  • C
unsigned long m, *i;
i = &m;
*i = 333;
m = *i;
m = (unsigned long *)sin;

構造体

  • AB
Type 構造体名
 a As Long
End Type
  • C
typedef struct {
 long a;
} 構造体名;

列挙

  • AB
Enum 名前
 AAA=0
 BBB
End Enum
  • C
enum {
 AAA=0,
 BBB,
}

条件式

  • AB
If 式 Then
Else
End If
  • C
if(式) {
} else {
}

分岐

  • AB
Select Case 式
Case 値
Case Else
End Select
  • C
switch(式) {
	case 値:
	break;
	default:
	break;
}

forループ

  • AB
For i=0 TO 20 Step 2.5
Next i
  • C
for(i=0;i<=20;i+=2.5){
}

whileループ

-AB
While 式
Wend
  • C
while (式) {
}

doループ

  • AB
Do
Loop While(式)
  • C
do {
} while(式)