メインウインドウのプロパティ、拡張属性から、ドラックドロップを許可する、をちぇっく。

ウインドウのイベントコードの中から、DropFilesをコーディング。


Sub MainWnd_DropFiles(hDrop As HDROP)
Dim FileName[MAX_PATH-1] As Byte
Dim fpath As String

'FileName配列にファイルパスを1つ格納
DragQueryFile(hDrop,0,FileName,MAX_PATH)

'使用後はドラッグ&ドロップに関する情報を解放
DragFinish(hDrop)

fpath=MakeStr(FileName)
msgbox hMainWnd,fpath,"File Path"
End Sub

複数のファイルを受け取る場合も同様。
複数行の場合、引数に-1を指定して行数を得てから、すべての行を得る。

num=DragQueryFile(hDrop,-1,Fname,MAX_PATH)

for i=0 to num
DragQueryFile(hDrop,i,Fname,MAX_PATH)
next i