ソースコードとは、プログラムを書いたファイルのこと。
このファイルをコンパイラインタプリタに食わせると
機械語に変換され、実行される。

多くのコンパイラではソースコードをオブジェクトファイルという
不完全な機械語に変換し
リンカによって完全体となる。